Home > 2009年10月

2009年10月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

秋の影

  • Posted by: tomoko
  • 2009-10-25 Sun 22:09:36
  • 写真
青蓮院

青蓮院

with Nikon D80


初秋の光と影。

直線的な木と優しい光と影。

青蓮院にて。

2009.10 in kyoto
スポンサーサイト

NATURAで撮った写真アップしました!

カフェ@堀江

update2.gif


NATURAで撮った写真の現像がようやく終わったので、
サイトにアップしました。

全体的に好きな色の写真に仕上がって、大満足です。
(現像は、フォトラバーさんにおねがいしてます。)

初めての万年筆買いました(STELLA90S)

  • Posted by: tomoko
  • 2009-10-15 Thu 21:47:12
  • 物欲
物欲メモ、続きます。(おかしいなあ・・・出費抑えるはずだったのに)

10月の連休に東京へ行った時に、念願の「初」万年筆をゲットしました!

Pilot STELLA90S


ここ数カ月ずっと、大阪か京都で買おうと思っていたのですが、
「ここで買おう!」と思える場所が決まらないまま、
東京行きが決まったので、「伊東屋」で買ってまいりました。

あんまりにも混雑した状況で選びたくもなかったので、
開店前から並んで、万年筆売り場一番乗り。
(おかげで、久々に7時台の新幹線乗りましたw)

予算を伝えて、まずはペン先の太さ選び。
その場にあった(イベント開催中だった)プラチナの万年筆で、
「Mニブ」と「Fニブ」を書き比べ。

主に手帳・ノートに細かめの字を書くことを想定しているので、
「M」だと紙の上に乗るインク量が多くなってしまうので、「F」に決定。
字の太さとしても、汎用性のあるのは(個人的好みとして)「F」。

じゃ、他のメーカーの万年筆も試し書きしてみますか、ということで、
パイロット、プラチナ等、国内メーカー勢ぞろい、海外メーカー一切なし。
(セーラーのFニブで書いた時に、「ああ、この太さがいいです」とか言ったからかも・・・)

「ガリガリ」するのは苦手で「すらすら」っとなめらかに走るペン先を求めて、
ひたすら試し書き。

結局、パイロットのCUSTOM74(伊東屋限定モデルのディープブルー)と
STELLA90Sのナイトブルーマイカに絞りこまれました。

ちなみに、CUSTOM74(伊東屋限定モデル)は2年前から目を付けてました(笑)
こちら愛読ブログ)参照。

どちらも紺軸・シルバートリム。
どんだけ、紺軸・シルバートリム好きなんだ、と突っ込まれそうな選択肢です。

で、かなり悩んだ結果、選んだのは、STELLA90S。


pen1.jpg


決め手は、CUSTOM74はねじ式、STELLA90Sははめ込み式ということ。
実際に、試し書きしてみて、ねじ式だと「書きたい!」と思った時に書けない!
(用途として、思いついたことのメモが多いので、書きたい時にささっと書けるのは重要)
というわけで、STELLA90Sに軍配。

でも、一番大きな要因は、軸(笑)。
CUSTOM74よりもSTELLA90Sの方が、
なんともいえない高級感(というか艶)があって、軸に惚れてしまいました。


pen.jpg

STELLA90Sは、他の一般的な万年筆のサイズと比べて一回り小さめです。
手の小さい私にとっては、全く小ささを感じさせないですが(笑)


とりあえず、今はもらったブルーブラックのカートリッジで書き書き中。
でも、カートリッジ使い切ったら、色彩雫のインクで書くのだ!

カメラバック用にショルダーバッグ買いました

  • Posted by: tomoko
  • 2009-10-01 Thu 23:35:14
  • 物欲
この前、トートバッグを買った時から欲しいと思っていた、
カメラ(一眼レフ)を持って出かけるためのカバン。


今回の必要要素。

・ショルダーバッグにできること。
・カバン自体が軽いこと
・ファスナーで開け閉めできること。
・少々の雨に濡れても中にしみないこと
・ジーンズでも、きれいめスカートでも、似合うこと。
・この荷物のどれを選んでも入ること。(一番多いのは、D80+レンズ、財布、iphone、FUJICAの組み合わせ)

・NikonD80
17-50mmのレンズ
18-200mmのレンズ
・FUJICAT801
・財布
・iphone
・ペットボトル
・小さめのガイドブック




そういうわけで、もうかなり長いことずっと探して、
最近はポーターのショルダーに惹かれたり、
それでも決め手がなく、いろいろ模索しておりました。


で、今日の会社帰り、いつもならどこか食べ物屋さんに寄り道するところですが、
朝と昼に食べすぎて、お腹が全く減っていなかった(むしろ、胃が重たかった)ので、
最近気になっていたカバン屋さん(HARVEST北堀江店)にちょっくら寄り道。

そしたら……なんということでしょう(笑)

すべての条件を満たして、デザインも気に入ったカバンを発見し、
勢いで買って帰ってきてしまいました。


DSC_6393.jpg
仕様・詳細・カラーバリエーションはこちらのページから。
(コーポレートサイトにもオフィシャル通販サイトにも載ってなかった…)

個人的、お気に入りポイント。

ポケットが充実
・軽い。重さ300g←ほとんどベルト部分の重さ?。
・お値段も今まで考えてたショルダーバッグの中では、お手頃。
・ベルトの部分の赤い合皮がアクセントになってる


しかし、なんといっても、このワインレッド色に一目ぼれしてしまいました。
やわらかくてしなやかな手触りで、触ってても幸せな感じです。

もう、ホントに私の望んでた条件すべて満たしてるあたりがすごいです。

これで、秋の写真行楽シーズン(コスモス→紅葉、おでかけ)も安心です!
……今週末あたり、久々に出かけようかと思ったのに、雨なのが残念すぎる。。。


約10日間で大き目のカバンを2つも買ってしまったので(しかもその間に服屋さんのセールも行ってる)
しばらく、物欲は抑え目で大人しくしてます。


番外編

PORTER→HARVEST LABEL、という流れで来たのですが、
なんというか意外な事実が発覚。

「HARVEST LABEL」というブランドは、
「PORTER」の元デザイナーでヒット商品を生み出した「山口幸一さん」が独立して、
さらなるこだわりを実現させるために立ち上げたブランドらしいです。

2ブランドに、そんな繋がりがあると思わなかったので、ビックリ。

Home > 2009年10月

最近読んだ本

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。