Home > スポンサー広告 > Eye-Fiカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kyotomemo.blog99.fc2.com/tb.php/418-a46ed9e8
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Memoのメモ

Home > スポンサー広告 > Eye-Fiカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました

Home > iPhone > Eye-Fiカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました

Eye-Fiカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました

  • Posted by: tomoko
  • 2011-05-01 Sun 21:42:00
  • iPhone
デジカメで撮った写真をすぐに送りたい!

デジタル一眼レフカメラを買った時から思ってました。

image

 

携帯で写メ送るみたいに、

一眼レフで撮った写真を携帯からメールできたらいいのに・・・と。

 

iPhoneを持って、いままでの携帯よりは高画質で大きな写真が撮れて、

それを友達にメールしたり、twitterにアップしたりできるようになりました。

 

image

 

が、心のなかでは、「やっぱりデジカメで撮った写真アップしたい!」と。

旅行に行ったり、美味しい物食べたり、紅葉やら桜やら撮るたびに、

携帯(&iPhone)のカメラで撮りきれない(自慢できないw)もどかしさが・・・。

 

 

↑愛用のD80とTZ3。お世話になってます

 

最近では、赤外線付きのカメラも登場したけど、iPhoneには転送できないので、そそられず・・・。

 

Camera Conection Kit

iPhoneにSDカードを取り込む方法が2年近くたっても見つからず、

もう、iPadとCamera Conection Kit を買って、

iPadをフォトストレージ化するしかないのかと諦めてました。

しかし、iPadはデジカメを持って行く時に、持ち歩くには大きすぎて重すぎる!

(それはiPad2も変わらず・・・)

 

どっかのメーカが、SDカード対応でカラー画像を読み込み・表示できる

タブレット端末出してくれなきゃどうしようもないのかと、諦めてました。

 

Eye-Fiカード・・・惜しい!

といいつつも、実は、あと1歩の商品には目をつけていました。

Eye-Fiカード!

image

■3週間返金保証!送料無料!Eye-Fi Connect X2(アイファイ コネクト X2)

 

このSDカード、カメラにセットしておけば、「無線LAN環境」があれば、オンラインに転送できる!

Flickr や Facebook、Picasaとか!

そしたら、twitterでそのURLつぶやけば、いい!!

・・・と思ったものの、世の中、まだまだそんなに無線LAN環境がないので、

結局、モバイルwifiを自分で持たなきゃ意味が無いなあ・・・と諦めてました。

 

諦めてる間に、無線LAN環境であればiPhoneに転送できるようになったりしてたのですが、

そんな環境は家の中しかないので・・・しばらく興味も失ってました。

 

Eye-Fiカードの進化!!

で、iPad2の発売が延期になってしばらくした4月中旬。

ビックニュースが!

iPhone3G環境でも、デジカメ(Eye-Fiカード)から直接データを飛ばして、

その写真をiPhoneで受信できる!!

ああ、これぞまさしく、私がずっと待ち望んでたこと!!

 

と思いつつ、しばらく様子を見てレビューを待ってみようと、我慢我慢。

というのも、かつて、iPhone対応のSDリーダーが海外で発売されてたのですが、

若干、いまいちっぽい感じが否めず(参照)、今回も若干不信感が・・・。

世の中、そんなにうまくいくのかと・・・。

 

で、しばし様子をみたところ、どうやらなんとか使えそうな気配だったので、

ポチっと注文。

 

Eye-Fiカード到着!

P1020623

↑この外箱から見えてるカードは・・・

 

P1020625

実はダミーで、USBに刺さってるのが、ホントのEye-Fiカード!

 

まずはEye-FiカードとPCのみで設定

iPhoneで使うのが先だからといって、iPhoneから先に設定始めるとワケが分からなくなります。

いろいろ一気に設定すると、なにが原因でダメなのかがさっぱりわからなくなります。

そのあたり、海外製品らしい不親切ぶりを発揮されております。

  • 無線LANのSSIDを隠したままだと、どんだけ頑張っても繋がりませんでした。
    (出来れば隠したまま設定したかったのですが、無理でした。)

  • おすすめは、とりあえずPCとデジカメの連携の確認ができるまでは、
    アプリもダウンロードせずに(したらセットアップしたくなるので)、iPhoneに手を出さないことです。

  • iPhoneやPCで拾える無線LANでも、Eye-Fiカードでは拾えなかったりします。
    (iPhoneでつながってるから無線LANは大丈夫と思ってたらダメでした)

とりあえず、PCとカメラの連携まででつまずいたのはこのあたりです。

 

最初のセットアップ画面で写真がアップロードされず(←SSIDの設定で解決)、

そして「アップロードが中断されました」と表示され(←無線LAN環境を部屋の中で構築して解決)、

なかなか手ごわかったです。

いよいよiPhoneと連携!

とりあえず、アプリをダウンロード。

Eye-Fi 2.0.1(無料)
App

Eye-Fi 2.0.1
カテゴリ: 写真
価格: 無料
更新: 2011/04/19

iPhoneiPhone

 

 

で、設定ですが、何も見ずに適当にやりすぎると危険です(笑)

この「設定」画面にひかれて、適当にやると、自分が何を設定してるか分からなくなってきます。

1000000877

 

 

 


←このあたり、設定したら、ちゃちゃっと連携できそうで、

触っちゃいたくなりますが、まだダメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラに入れっぱなしになってたら、Eye-Fiカードを抜いて、USBアダプタに差し込んでPCへ。

で、設定画面へ。
名称未設定-1

↑この設定画面はEye-Fiカードをつないでないと、設定できません。

にも関わらず、Eye-Fiカードいれたのに、「Eye-Fi入れなきゃダメ」って言われることもあるので、

その場合は、Eye-Fi Centerの再起動か、最悪の場合PC再起動でなんとかなりました。

 

で、無事ダイレクトモード設定画面になったら、

ダイレクトモードを有効にする」にチェックを入れて、「保存」します。

 

が、ここでカードを抜くと、また謎の設定できない地獄へ・・・。

カードを抜く前に、「保存」の横にある「今すぐダイレクトモードを起動する」をポチっと押します。

名称未設定-1

ちなみに、設定するたびに、テンション高めのポップアップが表示されます(笑)

これで、PCは一旦おいといて、iPhoneの設定へと急ぎます。

 

image

設定→Wi-Fiのこの画面に、「Eye-Fi Card ・・・」というのが現れるので、選択すると、

パスワード入力を求められます。

 

パスワード・・・?

 

このパスワード、上の管理画面(中段下の「WPA2パスワード」)にもあり、

iPhoneアプリの中からもコピペできます。

設定画面(Settings)の「Eye-Fi Card」の設定画面に「WPA2 Password」とあり、

その横に、いきなり「Copy」とありますが、これでコピーできます。

1000000877  image

で、Wi-fiの設定ができたら、とりあえずはネットワークの準備完了です。

 

そして、上右の設定画面で「Receive Media」をオンにすると、

こんな画面が↓。

1000000876

ここでPhotosをオンにすれば、iPhoneとEye-Fiカードとの連携の準備完了です!

 

注意点

iPhoneで「Receive Media」をオンにすると、

PCの写真の転送設定がオフになっています。

 

image
今までデジカメ→PCと転送出来ていたのが、出来なくなるということです。

だからといって、「このPCに写真を送信する」にすると、iPhoneと連携できません。

 

iPhoneかPCかどっちか、なんです。


というわけで、iPhoneを使いたい場合(=ダイレクトモードを使う場合)は、

デジカメ(Eye-Fiカード)→iPhone→PCという順で転送になります。

 

でも、この転送にしても、

デジカメで撮った写真は、iPhoneからPCへ自動で転送可能です。

1000000877 1000000881

「Upload Preferences」を選んで、「Upload to Computer」をオンにすると、

まず、デジカメ(Eye-Fiカード)からiPhoneに転送されて、その後自動でPCに転送されます。

 

iPhoneの写真・キャプチャもPCへ

ちなみに、「PhoneCamera」説明文を見ると、

iPhoneカメラで撮った写真が自動転送されるっぽいですが、

今のところ自動転送されません(レビューにも同じ環境の人が・・・)。

 

でも、手動でもiPhoneの写真・キャプチャをPCに転送するのに、めっちゃ便利です!!

しかも、原寸サイズのままで劣化してないデータなのが有り難い!

 

NikonのD80 と PanasonicのDMC-TZ3 との相性
  • PanasonicのLumixシリーズのTZ3は、
    撮ってすぐ、電源を入れてすぐに転送が始まりまります。
  • NikonD80は若干挙動不審気味(データが重いせい?)
    撮ったあとすぐには送られない。
    写真をプレビューしたり、電源入れ直したりしてると、
    どっかのタイミングで送られる。

D80は、公式には「ユーザーの利用報告有り」になってるものの、

いろんなブログ見てると、「ほとんど動かない」ってのも見てたので、

ちょっと不安でした。

 

買って良かった~

家の中だと、どうしても他の無線LANがあって、ダイレクトモードの検証がしにくいので、
(そのかわり、3G回線より速いので、快適に転送できますがw)

今度、出かけたときに試してみないと・・・という状況です。

 

とりあえず、家の中で写真撮ったりするには、非常に快適です。

少ない枚数しか撮ってないときに、SDカード抜き差ししないでいい、

っていうのが、こんなに快適だとは・・・と関心してます。

 

あとは、デジカメ・iPhoneともに、どんだけ電池を消費してしまうのか、

それが気になるので、要チェックかなと。

 

選ぶなら・・・

安さ求めるなら、価格.comでチェックして、最安値でゲットするか、

カメラと相性が悪かったときのことを考えると、

返品保証のある楽天の公式サイトで買うがいいかと思われます。

 

そして、この3種類のうち、今回選んだポイントにしたのはコレ↓

  • Eye-Fi Connect X2 (4GB)
    →4Gしかないけど大丈夫?(まあ、なんとかなるかなあ・・・)
    →RAWデータ送れないけどいい?(RAW+JPG撮りするし大丈夫)
    →ジオタグデータなしだけどいい?(まともにデータ取れる場所が限られてそう)
    →公衆無線 LAN の利用できないし、アドホック接続できないけどいい?(問題なし!)
    →他には、問題なし。かつ一番安い!というわけで決定!

というわけで、4Gじゃ足りない(大は小を兼ねますし)とかジオタグデータ取りたいって人は、

下の2つから。

  • Eye-Fi Explore X2 (8GB)
  • Eye-Fi Pro X2 (8GB)

 

そして、RAWデータを転送したい人や、
(オンラインサービスはRAW非対応が多いので、もっぱらPCへの転送用のはず)

アドホック接続したい人は、最上位種しかないはずです。

  • Eye-Fi Pro X2 (8GB)

ちなみに、近いうちに、Eye-Fi Explore X2 (8GB)からジオタグ機能を外して
値段を下げた「Eye-Fi Mobile X2」が発売されるらしく、

それに伴って、Eye-Fi Pro X2の値下げもありえるかもしれません。

ここ参考の情報です

 

スポンサーリンク

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kyotomemo.blog99.fc2.com/tb.php/418-a46ed9e8
Listed below are links to weblogs that reference
Eye-Fiカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました from Memoのメモ

Home > iPhone > Eye-Fiカード(Eye-Fi Connect X2 4GB)を買いました

最近読んだ本

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。