Home > 物欲 Archive

物欲 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

iphoneのケース新調しました!(iSkin solo FX)

  • Posted by: tomoko
  • 2010-03-06 Sat 20:03:52
  • 物欲
今使ってるiPhoneのケース(コレ)が、
半年の手荒な扱いに嫌気がさしてきたのか、
薄汚れてきたので、新しいiPhoneケースを探してました。

・・・といっても、かなり前から目星をつけていたものがあったのですが、
他にもっと自分が気にいるものがないか、1カ月くらいネット上を彷徨ってました。

が、実用性(保護力・汚れにくさ)とデザインで、
目星つけていたものを上回るものに出会えなかったので、
最初から狙っていたものをポチっと。

【正規品】 iSkin ソフトケース solo FX for iPhone 3G/3GS Purple SOVB3G-PE【正規品】 iSkin ソフトケース solo FX for iPhone 3G/3GS Red SOVB3G-RD
(2009/12/17)
iSkin

商品詳細を見る


と言っても、何色にするのかかなり悩みました。
約2日まるまる悩みました。

青はターコイズブルーっぽくてすごく惹かれるし、
緑は青リンゴっぽくてすごく惹かれるし、
オレンジもすごく可愛いし。
ん~、と悩んで悩んで、
最初に目星をつけるきっかけになった赤に決定!!

P1010020.jpg iphonegorin.jpg

思いのほか赤が綺麗で、可愛い!!
思ったほど、キツイ色にならず、かなりお気に入りました!!
オリンピックが終わったので、そろそろ壁紙変えねば・・・。


光の具合と角度によっても赤の濃さが違ったり。
iphonehand.jpg

Amazonのレビューにある通り「エスカレーターの手すり」のような感触と
「プラスチックに見える」と言われるシリコンっぽさのない見た目で、
日々なでなでし、眺めては、幸せな気分に浸ってます。


結構最後まで悩んだのは、この2つ。
  

左の色とりどりのケースは、模様が素敵で、数ヶ月前から狙ってました。
青がお気に入り。

右の赤のカバーはワインレッドみたいな綺麗な赤に惹かれて、
思わずポチっとしそうになりました。

最終的には、自分のおっちょこちょいっぷりを考慮して、
「落としてもある程度耐えてくれそう」ということで、
今回のケースをお買い上げとなりました!!

キャップレスデシモ買いました。愛用中!

  • Posted by: tomoko
  • 2010-02-21 Sun 18:34:12
  • 物欲
ず~~っと気になっていた万年筆、
少なくともこの記事を読んだころには、気になってた万年筆。

パイロットのキャップレスデシモ。



クリックしてペン先が出てくる万年筆。
ペン差しの部分からペン先が出てくるため、
なんとな~く、さかさまなイメージの万年筆でした。
そのため、通販で買う勇気はなく、かといって、
このペンのためにわざわざ文房具屋さんへ足を運ぶこともなく、
そのまま4年近くの月日がたっておりました。

正月明けのある日、
社内に「丸善特売会 高級筆記具・革製品」との張り紙が。

高級筆記具の内訳は、ボールペンと万年筆。
もちろん、気になるのは万年筆。

でも、特売にされるくらいだから、人気商品はないだろうし、
それに試し書きさせてもらえなさそうな気もするし、
あんまり行く気もなかったのです。

とりあえず、万年筆欲は去年買った万年筆で相当満たされていたのですが、
頭の片隅には「特売会にデシモないのかなあ」という気持ちがちょっとだけ。

というわけで、仕事がひと段落した合間を見て、
特売会(といっても小さな会議室)へ。

そしたら、なんと、
全部箱のふたが開けられた状態で万年筆が並んでました。

高級メーカーといいつつも、
万年筆はモンブランとかカランダッシュ級はなく、
国内メーカーとラミーくらい。

ふーむ、と眺めてたら、
なんと「キャップレスデシモ」が2色!
白と桜色。

  

もし買うとしたら「白か桜色だな」と前から思っていたので、
なんと奇遇な出会い!!(笑)

しかも、「どうぞ好きなだけ試し書きしてください」とのこと。
特売会にも関わらず、その場にいた店員さんは万年筆に詳しそうな方。
さらに女性なので、余計に話が弾む!

もう、この時点で半分買うこと決定(笑)

アンバランスに見える形も、
手に持ってみるとびっくりするくらい馴染む。
違和感が全くない!!

手持ちのSTELLA90Sよりもペン先ががっちり補強されている分、
固めだけれども、常に細めな書き心地が維持される!!
・・・本当にボールペン感覚の万年筆。


手に持った時の感触、書いた時の感触、そして軸色、
すべて気に入ったので、お買い上げ決定!

桜色の方が軸色が綺麗だったので、
売り場にあった桜色軸をすべて書き比べ。
その中でも、特に細めの線が出るものを、お買い上げ。

しかも、特売会だったので、定価の3割オフ。(およそ、ネットの価格と同じです。)
思う存分試し書きが出来たので、大満足!!


P1010016.jpg

P1010006.jpg


買ってから、というもの、毎日愛用してます。
多少筆圧強くても、ペン先が開かず一定の太さを保ってくれるので、
仕事しながら何も考えずメモをするのには、ちょうどいいです。
頑丈!!本当にボールペン代わりです。

そして、ボールペンよりも筆圧要らずに書けるので、
たまに、ボールペン使って長文書くと、腕が痛くなります。

書きたい時に、お尻をノックするとすぐ書ける、
片手で扱える便利さ!手放せないですw


STELLA90Sは、どちらかというと、繊細(・・・てか、デシモが頑丈すぎw)。
というわけで、心にゆとりを持って書きたい時や、
字に心を配れる時や、万年筆を楽しみたい時に、愛用。


なぜか、万年筆二本ともが「パイロット」という奇遇な出会い。
他のメーカーのも書いてみたいのですが、
しばらくは、この2本で満足です。

そろそろ、純正ブルーブラック以外の色を入れて楽しみたい!
・・・本当は、デシモ桜色の軸色にあわせて、
暖色系(ワインレッドとか)入れてみたいけど、
一番利用頻度が高いので、ブルーブラックから浮気できず。

遊び用インク入れるとしたら、STELLA90Sだなあ、とは思うのですが、
なかなか浮気できずです。
でも、緑系のインクが気になるので、入れるとしたら、緑系です!

もふもふクッション買いました

  • Posted by: tomoko
  • 2010-02-14 Sun 22:58:14
  • 物欲
イノブン(京都の有名雑貨屋さん)で、
店内にいろいろあるクッションをモフモフと触っていたところ、
抜群の手触りのクッションを発見!!!



植物コーナーの隣に、この緑のクッションが並べられていたので、
思わず「苔玉!!」とテンション上がってしまい、
とりあえず、ほかの人に買われる前に・・・と思って、
店内を苔玉モフモフクッション抱えて、うろうろしてました(笑)

結局、あまりの触り心地のよさに手放せなくなり、お買い上げ。
・・・しかも、その店内で残り1個の苔玉クッションでした!


買ってから1ヶ月ちょい。
満足です(笑)

日々、モフモフ具合に癒されてます。
とりあえず、クッション自体の柔らかさがすばらしいのと、
今までに触ったクッションカバーの中でも
相当上位にランクインする触り心地!

寝転ぶ時に枕代わりに抱えたり、
PC触るときに机と体の間に挟んでもたれ掛かったり。
(↑姿勢上、あまり良いとは言えなさそうだけど…)

今なら、店頭価格の半額で買えるので、
まだ在庫のあるブラウンを買おうか悩み中・・・。
もしくは、1回り大きいLサイズか・・・。


とりあえず、たまらない触り心地に、
肌寒い季節が続く当分の癒され続けてます。

MARKS&WEBのスキンケア

  • Posted by: tomoko
  • 2009-12-06 Sun 17:39:55
  • 物欲
大学の中頃から、スキンケア関連はクリニークで揃えてました。
特に肌トラブルがあったわけでもないのですが、
ちょっとスキンケア関連を一式変えてみることにしました。

クリニーク時代


選んだ理由は、友達に薦められたというのと、
開発スタンスに共感したから。

一番しっくりきたのは、
「角質ケアによる肌の力を引き出す」
ということかもしれないです。

もともと(色黒だけれども)肌はきれいな方だったので、
余計なことして肌に負担かけて、
肌を悪化させたくない、現状を維持していきたい、
そう思ってました。

本来の肌の力をサポートしてほしい。
出来るだけ余計なものは肌にのせたくない。
ましてや、肌に悪そうなものはつけたくない。
シンプルに。

その気持ちは今でも変わりません。

そう思ってる私に、ビビっときたのでした。
国内定価だと、学生予算から大幅にオーバーするので、
海外版でも大丈夫なのものは楽天で海外製品買ったりしてやりくり。

クレンジング
[テイク ザ デイ オフ クレンジングオイル]

目の前が曇らずに、濡れた手でも使えるお気に入り。



洗顔
[リキッド フェイシャルソープ エクストラマイルド ]

「落としすぎている」感じがしなくて、洗い上がりもしっとりとしてお気に入り。



スクラブ
[セブンデイ スクラブクリーム リンスオフフォーミュラ]

月2~4回くらい、鼻の頭がざらざらしてきたときに。
これのおかげで、鼻頭の毛穴が黒く目立つことはなくなって、お気に入り!



化粧水
[クラリファイングモイスチャーローション 2]

ふき取って古い角質を取り除きつつ、水分補給。



乳液
[ドラマティカリーディファレント モイスチャライジングローション]

化粧水のあとの、保湿。油分補給。



保湿スペシャル
[モイスチャーサージEX]

コフレについてきたので、ありがたく頂戴しました。
乾燥がひどい時に使うと、翌朝めちゃしっとり。


[ターンアラウンドコンセントレート ]

保湿強化と肌のターンオーバーを促すということで、
この商品がコフレセットでお得になった時にお買い上げ。
たしかに、翌日の肌はツルスベだけれども、
あまりにもつるつるになるのが逆にこわい。




シンプルな3ステップ(洗顔~化粧水~保湿)が好きだったのに、
美白・目元ケア商品すすめられるうちに、
当初の「肌の本来の力を引き出す」というところから外れてきた気がしていたのと、
「ターンオーバーに効果がある」と言われる商品の使い心地が
あまりにもシリコン感があって、確かに肌ツルスベになるけれど、
「肌にいいの?」って疑問を感じ始めたのでした。


ちょうど、洗顔関連がなくなってきたのと化粧水がなくなってきたのが同時期だったので、
他のスキンケアを探そうと思ったのでした。


MARKS&WEB


探す中でのポイントは・・・
出来るだけ肌に余計な成分をつけずに、
出来るだけ肌に負担をかけずに
最低限の水分供給・保湿を、
できるだけ自然なもので。
かつ、あまり高くなく(笑)

そういうものを探そうと思ってました。

その時にふと頭によぎったのが、
MARKS&WEBでした。

ブログめぐりをしていた時に、
MARKS&WEBのスキンケア商品のレビューを見て、
「よさそうだなあ」と思ったのと同時に、
見た目・質に反して、予想外に安価だったので、
いつか買おうと思ってました。

クリニークにハマった時と同じく、
企業のスタンス・ポリシーに惚れました。
ついでにいうと、商品パッケージにも惚れました(笑)

そして、それぞれの商品説明を読んで、
「私が求めていたものになるかも」と確信して、
それぞれの商品が安価だったこともあり、
比較的安価でスキンケアライン一式揃えました。

クレンジング(ジェル)
[ハーバルクレンジングジェル]

オイルの方が使い勝手よさそうだったのですが、
他のブログ等で
「ハーバルシリーズはジェルの方が成分的にシンプルで肌への負担が少ない」
とのことだったので。

≪使用感≫
いい香りとともに幸せな気分。
手のひらに広げて、全体に伸ばし広げつつ。
香りだけでなくて、感触が気持ちいい。
ナチュラルメイクなので、洗浄力も問題なし。
洗い流した後も、目の前曇らず。
クリニークと比べると、若干のぬるぬる感はあるのかな?
でも、しっかり洗い流せば気にならないレベル。
それに、この後洗顔するので自分の中で問題なし。



洗顔
[ハーバルウォッシングフォーム ラベンダー/カモミール]

香りのついてないものもあって保湿力もそっちの方が高いらしいけど、
香りの誘惑に負けて、「ラベンダー/カモミール」をチョイス

≪使用感≫
石鹸で体を洗った時のあのすっきり感!!
思わず、「無添加せっけんの松山油脂」って言葉が頭をよぎります(笑)
洗った直後、キュッキュッってなります!
ヌメヌメ感全くなし!

ただ、その分洗浄力は強めかもしれないです。
冬だから、時々お風呂上がりに乾燥するので、
若干洗浄力強めなのかもしれないけど、
日によって乾燥しない時もあるので、
日中の保湿具合によるのかもしれないです。
調子いい日は、お風呂上がりしばらくするとしっとりします。

これに切り替えて1カ月経ちますが、
鼻の頭がざらざらしたり、黒ずんだりということは全くなく、
クリニークのスクラブを使わない状態が続いてます!!
これは嬉しいです!



化粧水
[モイスチャーハーバルウォーター]

肌理(キメ)は細かいけど、水分を貯めておく力がない私の肌。
というわけで、一般的には乾燥肌です。
冬の乾燥肌なので、「モイスチャー」を選択。
通常版は香りの選択肢がたくさんあって楽しそう!!
なので、夏になったら香りを楽しみたい!!
モイスチャーは「ラベンダー・カモミール」の香りで
洗顔フォームと同じです。
ちなみに、私はアルコール大丈夫なのですが、
アルコール弱い人でも安心なアルコールフリーです。

≪使用感≫
今までがコットンでふき取りだったのが、
7年ぶりくらいのスプレータイプなので、
スプレーの量に戸惑ってしまいました。
今は「おでこ・右頬・左頬・鼻」と4プッシュ基本で、
そのあと足りなさそうなところに、もう1プッシュって感じです。

水分たっぷり、は重要な気がしてます。

使い心地としては、水分補給されながら、しっとりな感じです。
クリニークの時がふき取りだったので、
水分補給に不安があったので、これだと安心な水分補給っぷり。
ただし、プッシュ少ないと、物足りないです。



保湿ジェル
[ハーバルモイスチャージェルリラックス]

化粧水と同じく「モイスチャー」。
香りは3種類あったので、
寝る前のお手入れってことを考慮して「リラックス」をチョイス。
ちなみにこの商品もオイルフリーです。

≪使用感≫
手のひらで溶けていくような軽いジェルで、
ワンプッシュで顔全体をカバー。
「ゼラニウム」の少し甘めの香りがたまりません。
ああ、幸せ~~、って気持ちになる香りでお気に入り。
ジェルが軽いので思いのほかベタベタしないのに、思いっきりしっとり。
湿度が高い日とかは、これでお手入れ終わりにすることもあります。



クリーム
[ハーバルフェイスモイスチャークリーム]

私の肌は「水分を保っておく」力が弱いので、ふたが必須!
と、国内外メーカーを問わず、カウンターで言われます。
というわけで、ふたのためのクリームです。
冬なのでここも「モイスチャー」で。
商品案内にも「水分の揮散を防ぎ」と書いてあるので、
迷わずポチっと。

≪使用感≫
かなりしっかりめのクリームなので、
ちゃんとふたをしている安心感があります。
朝に洗顔しない日は、翌日の昼ごろまでしっとりが続きます。
たぶん、夏になったら間違いなくべとつくだろうと思うので、
通常版に切り替えたり、クリームを省いたりして調整しようと思います。




というわけで、
現在のところ、乾燥シーズン真っ最中ですが、
問題なくトラブルなく使用してます。


すべてあわせて6,972円でした。
なくなったら「詰め替え用」があるので、
さらに安くなります。

コストパフォーマンスと安心さは
今のところ、歴代1位です!

しばらくこれでいってみようと思います。

ノートと手帳決めました。(プロフェッショナルダイアリースリム)

  • Posted by: tomoko
  • 2009-11-15 Sun 20:52:01
  • 物欲

ほぼ日手帳愛用


ここ3年くらい、ずっとほぼ日手帳を愛用していて、
ToDo管理に使ってました。

「来週、これやっとかなきゃ」と思ったら、
来週のその日付のページに書き込めるので、
なにかと重宝してました。

来年もほぼ日手帳使うつもりで、
実は秋の初めに文庫サイズの革カバーまで買ってました(笑)

gentenブックカバー


脱ほぼ日に向けて


が、その買った直後に問題と懸念事項が心に芽生えてしまったのです。

1つは、文庫サイズ1ページに収まりきらなくなってきたのです。
思いついた瞬間に、なぐり書きで書くので文字が大きいので、余計です。
もう1つは、スケジュールとして使ってないなら、
普通のノートに日付書いても一緒じゃないか、という気持ちが出てきたのです。


そう思ってしまった時から、
手帳&ノート探し、そしてノートの使い方探しが始まりました。


手帳・ノートの使い方に彷徨う


あちこちのサイトにお邪魔したり、
本や雑誌を読んだり、彷徨っておりました。


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
(2009/09/11)
美崎 栄一郎

商品詳細を見る


嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書 3)嶋浩一郎のアイデアのつくり方 (ディスカヴァー携書 3)
(2007/02/25)
嶋 浩一郎

商品詳細を見る


日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 11/3号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2009年 11/3号 [雑誌]
(2009/10/20)
不明

商品詳細を見る



このページを読んで刺激を受けて、この本を読んで、
とりあえず、A5ノート1冊を「母艦ノート」として使うことに決めました。

usaさんところのイラストの「Hard」で囲まれている部分が、本の要約に近くて分かりやすいです。


ノート決定


ノートはほぼ日使うまで5年くらい使ってた
ロルバーン(L)(ドイツ航空会社のLufthansaに似ててこの配色が一番好きです)を使う予定でしたが、
A5より少し小さめのサイズは今回の目的には小さい気がして、
会社の隣のファミリーマートで、無印の方眼ドットA5ノートをお買い上げ。
*ネットストアに方眼がなかったので、リンク先は横罫ノートになってます。

私にとって重要なのは、この3つ。

・表紙が固い
(打ち合わせ時に、膝の上でメモとる時に楽ちん)
・リングタイプ
(机が広く使えない時に、ささっとA5の幅だけで使えるのは重要
 それに、ボールペンさしたりもできる!)
・方眼
(ロールバン使って、方眼の自由差を知ったら、
 罫線ノートが自由度がない気がして使えなくなりましたw)

ついでにいうと、無印のこのノートは
会社から徒歩10秒のコンビニでいつでも買える安心感がたまりません。

それと同時に、GTDというものにも興味を持って、
手始めに「次にやること」を各仕事ごとに詳細に書くことにしました。

たとえば、ちょっとしたサイトの更新だったら、
今まで「○○の更新」としか書いてなかったのを、

原稿確認
得意先に電話
スタッフに依頼
確認
テストアップ連絡
本番アップ

といったようにできるだけ、詳細に書くようにしました。

すべてのタスクで「とりあえず、次なにをしなきゃいけないか」というのを書いとくのは、
この仕事は大変(面倒)なのか、そうでないのか、ということを、
直感的に判断できる気がして、ちょっと助かってます。

あと、メールで仕事の依頼が来た分は、
完了するまで未読にして、
「まだ終わってない」ということを分かるようにしてたのですが、
それだと、会社にいない時に分からないので、
そういった仕事も全部、ノートに書きだすようにしました。

といっても、メール来る度に書くわけにもいかないので、
1日に何回か未読で、書き忘れてるものがないかチェックしてます。

本に書かれていた
「思っていること全部書き出す」
ということにも繋がってるのかな、と思います。

意外と「覚えてなきゃ。忘れないようにしなきゃ」って思ってるのって、
頭にはストレスかかってるんだと、気づきました。
「ノート見れば分かる」って思ったらすごく楽になりました。

だから、細かいことでも「あ!」って思ったことは、
結構書きとめておきます。


スケジュール管理に彷徨う


あと、GTDでは、
「やる日が決まっているToDo」はスケジュール(カレンダーとか)に書く、
というのが推奨されており、
いままでは、ほぼ日でそれをしていたのですが、
手帳彷徨い中は、とりあえずgoogleカレンダーに書いてました。

もともと、googleカレンダーは、2年くらい使ってます。

アラーム機能があるので、時間指定の更新の設定したり
繰り返す予定の設定が楽ちんなので、毎週とか毎月ある仕事を登録してます

iphoneになってからは、googleカレンダーと連携することで、
ちゃんとアラームが鳴るので、結構愛用しております。


なので、アナログの手帳(スケジュール目的)を買うかもかなり悩んでました。
iphoneでいつでも見れるし、と思ったり、
googleカレンダーの月間とか週間をノートに貼り付ければすむんじゃないか、と思ったり。

でも、googleカレンダーのプリントアウトされた見た目が、
どうも合わなくて、1週間経たないうちに却下されました。

と悩んでいるうちも、
得意先とか社内でうちあわせする時に、
紙ベースでの月間カレンダーがないと困るので、
月間スケジュール記入できる手帳を、
「つなぎ」として買おうと思いました。


月間スケジュール帳導入


細かい予定等々は全部ノートに書くから、
スケジュールは大き目の月間でも大丈夫なんじゃないかと思い、
無印のA5月間ノートを使ってみることにしました。

なんといっても薄い!!
それに同じ無印同士ということもあり、
ノートに挟んだ時のしっくり感もかなり良い感じでした。

無印ノート+月間スケジュール

見開きでA4をめいいっぱい使った月間カレンダーなので、
1日あたり結構な量を書くことが出来るので、
かなり多忙な日も問題ありませんでした。

1か月くらい、気持ちよく使ってました。

ただ、やはり、ToDoレベルを書ける大きさではないです。
日付が決まってる、ToDOを書きたい!という願望がふつふつと。

手帳探しの旅


もう、いろんな手帳をネットで本で探してました。

モレスキン
文庫手帳
・能率手帳 その1その2その3
COATED
opini
ORDINAL
ほぼ日手帳
Mark's
クオバディス



そして、彷徨ってるうちに気づいたことが・・・。
googleカレンダーを2年以上使っていると、
バーチカルな週間スケジュールがないと、
どうも1日の予定が把握しずらい頭になってました。

でも、バーチカルになると、
1日の記入欄がせまく、
なかなか思うものに巡り合えませんでした。


手帳決定!


そして、、やっと気に入った手帳に出あうとことができ、
ノート・手帳探しの旅に決着がつきました!

こんな感じです。

ノート&手帳

ミドリのプロフェッショナルダイアリースリムです。

決め手もろもろ。

・週間バーチカルが広い
⇒週間欄のサイド部分にメモ欄がないのと、
 土日がせまくなっているため、
  平日の幅が最大限になっている。
  今まで見た手帳の中で最大の幅!

P1000211.jpg

P1000214.jpg

・1日の目盛が30分刻み。
⇒忙しい日の予定には重宝する。
P1000213.jpg

・ページの下ににメモ欄がある。
⇒時間の決まってないその日の予定を書き込むために、必要。
P1000215.jpg

・ノートページがない。
⇒別にA5ノート持っているため、不要。
  意外とノートページが重みあるため、
  なくなるとだいぶ軽くなる。

・軽い

・MD用紙
⇒1度この用紙使ってみたかった。
  クリーム色で目に優しい。

・A5よりも2割程度幅が狭くなっているため、
机の上を占領しなくていい。
⇒横にA5のノートを広げて使うため(A4)、
  ちょっとしたスリム加減が、意外に効果大!!
  さすがに机のうえにA4サイズ2枚並べると、
 マウスとかの邪魔になる。



あと、まだ始まってないので使ってませんが、
月間と年間はこんな感じです。

P1000217.jpg

P1000216.jpg

付属情報ページはこちらからチェック!


ノートの使い方


P1000206.jpg

最初に出てきたとおり、無印のA5ノート。
iphone買った時についてきた、白林檎シール貼ってます♪
このシールがアクセントになってて、お気に入りです。

一時的にA4も挟めるし、机の上での収まり具合もちょうどいい感じです。
だいたい、見開き1ページを1日のToDo管理に使います。

基本は、前日にクライアントごとに分けて書いて、
当日に追加で入れば、余白に書きいれていく感じです。

基本的には、万年筆(ブルーブラック)で書いて、
終わったら赤ペンで消していく感じです。
追加で入った予定は、その時手に握っているペンで書き加えたり、
絶対忘れたらいけない予定を蛍光ペンでマークしたりしてます。

P1000198.jpg


最初は日付をノートの左上に書いてたのですが、
あまり目立たず、過去のページを探しにくかったのと、
本当に日付に目がいかず、ただのノートになってしまって、
ほぼ日の時みたく「何月何日」というのが感覚的に
ちゃんと分かるようにしたかったので、
付箋に日付スタンプを押して、見出しにしてます。
これで、かなり日付の見やすさがアップしました!

P1000194.jpg


あとは、後々も使う資料を縮小コピーして貼ったり、
電話メモも貼り付けてます。

P1000202.jpg

電話メモ貼るのは、本を読んだ時に出てきた方法なのですが
電話メモ貼るなんで意味ない、と思いつつ、貼ってみました。

そしたら、案外、「あの時、問い合わせあった内容だ」とか、
電話の内容の簡単なメモが後々役立つことが多く、
追加でメモを書き加えた電話メモは貼り付けてます。

P1000204.jpg


全体のフロー


  • 朝、前日書いたToDoをチェック、今日のスケジュール(時間の決まった予定)をチェック。
  • 日時の決まった予定が出来たら、手帳に記入。
  • 今日中にしないといけない仕事はノートのToDoページに書く。
  • 電話メモもノートに貼る。
  • 終わったToDoには赤線。
  • 帰る前に、次の日のToDoをリストアップして、ノートに書く。小さいことでも全部書く。

初めての万年筆買いました(STELLA90S)

  • Posted by: tomoko
  • 2009-10-15 Thu 21:47:12
  • 物欲
物欲メモ、続きます。(おかしいなあ・・・出費抑えるはずだったのに)

10月の連休に東京へ行った時に、念願の「初」万年筆をゲットしました!

Pilot STELLA90S


ここ数カ月ずっと、大阪か京都で買おうと思っていたのですが、
「ここで買おう!」と思える場所が決まらないまま、
東京行きが決まったので、「伊東屋」で買ってまいりました。

あんまりにも混雑した状況で選びたくもなかったので、
開店前から並んで、万年筆売り場一番乗り。
(おかげで、久々に7時台の新幹線乗りましたw)

予算を伝えて、まずはペン先の太さ選び。
その場にあった(イベント開催中だった)プラチナの万年筆で、
「Mニブ」と「Fニブ」を書き比べ。

主に手帳・ノートに細かめの字を書くことを想定しているので、
「M」だと紙の上に乗るインク量が多くなってしまうので、「F」に決定。
字の太さとしても、汎用性のあるのは(個人的好みとして)「F」。

じゃ、他のメーカーの万年筆も試し書きしてみますか、ということで、
パイロット、プラチナ等、国内メーカー勢ぞろい、海外メーカー一切なし。
(セーラーのFニブで書いた時に、「ああ、この太さがいいです」とか言ったからかも・・・)

「ガリガリ」するのは苦手で「すらすら」っとなめらかに走るペン先を求めて、
ひたすら試し書き。

結局、パイロットのCUSTOM74(伊東屋限定モデルのディープブルー)と
STELLA90Sのナイトブルーマイカに絞りこまれました。

ちなみに、CUSTOM74(伊東屋限定モデル)は2年前から目を付けてました(笑)
こちら愛読ブログ)参照。

どちらも紺軸・シルバートリム。
どんだけ、紺軸・シルバートリム好きなんだ、と突っ込まれそうな選択肢です。

で、かなり悩んだ結果、選んだのは、STELLA90S。


pen1.jpg


決め手は、CUSTOM74はねじ式、STELLA90Sははめ込み式ということ。
実際に、試し書きしてみて、ねじ式だと「書きたい!」と思った時に書けない!
(用途として、思いついたことのメモが多いので、書きたい時にささっと書けるのは重要)
というわけで、STELLA90Sに軍配。

でも、一番大きな要因は、軸(笑)。
CUSTOM74よりもSTELLA90Sの方が、
なんともいえない高級感(というか艶)があって、軸に惚れてしまいました。


pen.jpg

STELLA90Sは、他の一般的な万年筆のサイズと比べて一回り小さめです。
手の小さい私にとっては、全く小ささを感じさせないですが(笑)


とりあえず、今はもらったブルーブラックのカートリッジで書き書き中。
でも、カートリッジ使い切ったら、色彩雫のインクで書くのだ!

カメラバック用にショルダーバッグ買いました

  • Posted by: tomoko
  • 2009-10-01 Thu 23:35:14
  • 物欲
この前、トートバッグを買った時から欲しいと思っていた、
カメラ(一眼レフ)を持って出かけるためのカバン。


今回の必要要素。

・ショルダーバッグにできること。
・カバン自体が軽いこと
・ファスナーで開け閉めできること。
・少々の雨に濡れても中にしみないこと
・ジーンズでも、きれいめスカートでも、似合うこと。
・この荷物のどれを選んでも入ること。(一番多いのは、D80+レンズ、財布、iphone、FUJICAの組み合わせ)

・NikonD80
17-50mmのレンズ
18-200mmのレンズ
・FUJICAT801
・財布
・iphone
・ペットボトル
・小さめのガイドブック




そういうわけで、もうかなり長いことずっと探して、
最近はポーターのショルダーに惹かれたり、
それでも決め手がなく、いろいろ模索しておりました。


で、今日の会社帰り、いつもならどこか食べ物屋さんに寄り道するところですが、
朝と昼に食べすぎて、お腹が全く減っていなかった(むしろ、胃が重たかった)ので、
最近気になっていたカバン屋さん(HARVEST北堀江店)にちょっくら寄り道。

そしたら……なんということでしょう(笑)

すべての条件を満たして、デザインも気に入ったカバンを発見し、
勢いで買って帰ってきてしまいました。


DSC_6393.jpg
仕様・詳細・カラーバリエーションはこちらのページから。
(コーポレートサイトにもオフィシャル通販サイトにも載ってなかった…)

個人的、お気に入りポイント。

ポケットが充実
・軽い。重さ300g←ほとんどベルト部分の重さ?。
・お値段も今まで考えてたショルダーバッグの中では、お手頃。
・ベルトの部分の赤い合皮がアクセントになってる


しかし、なんといっても、このワインレッド色に一目ぼれしてしまいました。
やわらかくてしなやかな手触りで、触ってても幸せな感じです。

もう、ホントに私の望んでた条件すべて満たしてるあたりがすごいです。

これで、秋の写真行楽シーズン(コスモス→紅葉、おでかけ)も安心です!
……今週末あたり、久々に出かけようかと思ったのに、雨なのが残念すぎる。。。


約10日間で大き目のカバンを2つも買ってしまったので(しかもその間に服屋さんのセールも行ってる)
しばらく、物欲は抑え目で大人しくしてます。


番外編

PORTER→HARVEST LABEL、という流れで来たのですが、
なんというか意外な事実が発覚。

「HARVEST LABEL」というブランドは、
「PORTER」の元デザイナーでヒット商品を生み出した「山口幸一さん」が独立して、
さらなるこだわりを実現させるために立ち上げたブランドらしいです。

2ブランドに、そんな繋がりがあると思わなかったので、ビックリ。

土屋鞄のオイルヌメ・トート買いました

  • Posted by: tomoko
  • 2009-09-21 Mon 15:31:37
  • 物欲
…もう、ずっと革モノが大好きで、
お財布に余裕が出た社会人になってからは、
身の回りのものにドンドン進出してます。
そして、中学生くらいの時からのカバン好き。
中学生~大学生の時、服買いに行ったのに、
バッグ買って帰ってきたことが何度あったか(笑)

という、
上の趣味2点が相まって、
革鞄が欲しくて欲しくてたまらなくなりました。

最近、急に外出が増えたので、
突然の外出とか、
急にA4の資料を運ばなきゃならない外出とか、
そういう時用の鞄が欲しくなりました。

しかも、横幅は出来るだけ膝からはみ出したくない、
というわがままま願いをかなえてくれる鞄がいいのです。
このわがままは絶対条件(笑)

150cmだと、大き目のA4カバン持つと、
カバンが歩いてるみたいになったり、
通勤途中すごく邪魔になったりするので。


そんなこんなをずっと考えていたら、
もう何年前も欲しくて手が出せなかった(5万以上するので、おいそれと買えない・・・)
土屋鞄のオイルヌメトートが急に欲しくなったのです。



それでも、レビューとかブログとか読むと、
「思ったよりも大きい」「意外に通勤の時に邪魔になる」といった
コメントが多くて、一度は諦めてました(先週~今週)。

それに、かなりいいお値段もするので・・・。

そして、一度は違うカバンを買おうと心を入れ替えて(?)ました(笑)
その時に狙ってたのは、「通勤 A4 トートバック」という検索でヒットした
LIME(ライム)のトートバッグ


軽いし比較的安価だし、
質、アフターサービスを考えると、コストパフォーマンスもよく、
このカバンも捨てがたくて、最後の最後までオイルヌメとどっち買うか悩みました


で、四条河原町のLOFTに行く用事があったので、
土屋鞄製造所・京都店へ視察へ。
(ロフトへはブタフィーヌストラップぬいぐるみ購入のためw)

その結果、土屋鞄の「オイルヌメ・トート」購入の方向で
一気に心が固まっちゃいました!

一番大きな決め手となったのは、
サイズが思ったよりも大きくなくて、
150cmで一応小柄な部類に分類されるはずの私でも、
全然違和感ないサイズでした。

鞄だけで1kg弱あるはずなのですが、
肩にかけるので重みはほとんど感じず。
取っ手がしっかりしてるので、重みが分散するのかもしれません。

とりあえず、そのあとの用事もあったのと、
一度熱を冷ますため、帰宅。

で、楽天で買うか、実店舗で買うか
家に帰ってから悩む悩む。

…楽天1000円くらいポイント貯まってるし、
今ならポイント3倍なんだけれども、
革の当たり外れは覚悟せねば。。。

レビュー見てると結構あたりはずれ大きそう。
数百円のために、はずれを引いたらショックだなぁ。

というわけで、
長くお気に入りで使いたいので、
もう一度、京都店へ行って買うことに決定。
(リアル店舗が近くにあるのは、物欲的には危険すぎます(笑))


家に帰って、土屋鞄シリーズ記念撮影。

bag.jpg
       (左)ジュール・ショルダーポーチ                  (右)オイルヌメ・トート
       (ジュールシリーズは既に廃番です。去年の夏、ヤフオクで新品同様なのを半値以下で購入( ̄ー+ ̄))



使っているうちに、かなり変化するということで、
購入時の記録も含めてオイルヌメ・トートの革レポート。

DSC_6349.jpg

DSC_6352.jpg

DSC_6346.jpg

カバンの裏表は、おんなじような質感の革で、しぼしぼ具合も同じくらいでした。
でも、サイドの部分のメインの革は、片方がしぼしぼ、片方はつるつる、といった感じで、
左右で違う表情なのがお気に入りです。
・・・全部おなじだったら、それはそれでつまらないと思っていたので、満足。

店員さんからのコメント

(お手入れ)
・革にしっかりとオイルが染み込んでいるので、2年くらいはお手入れいれいません。2年くらい経って、革がかさかさしてきたら、オイルでお手入れしてあげてください。
(注意点)
・雨には弱いので気を付けてくださいね。防水スプレーしとくと安心です。
(お見送り)
ぜひ、楽しんでくださいね!



カバン買って「楽しんでくださいね」と言われたのは、初めてです(笑)
でも、この一言がこのカバンを物語っているような気もします。

かなりよいお値段の買い物でしたが、本当にいい買い物が出来たと悦に浸ってます(笑)。
・・・家族から「値段以上に見える」と絶賛され、さらに気をよくしています(笑)

梅雨もしばらくないし、雪の時期はだいぶ先なので、
こげ茶が似合う秋冬を思う存分楽しみたいと思います。

「春には、艶が出てきて、オールシーズン使える感じになってると思いますよ」
とのことだったので、なおさら楽しみです。


いかんせん、長年憧れのカバンで悩みも思い入れも大きかったので、
ついつい長くなってしまいました。



番外編

…こんな鞄を発見してしまいました!!

ポーター(PORTER) フリースタイル ショルダー


…カメラ(一眼)入れて出かけるのに、めっちゃいいやん!!
と一目惚れしちゃいました。

今使ってる散歩用カバンが安物なこともあり、
もうボロボロなので、ずっと新しいのが欲しかったのです!
これのこげ茶が欲しい!!(オイルヌメと同系色カラー)


でも、My予算の都合上と下見(@LOFT)の結果、
ポーターのかばんはしばらく据え置きです。
一眼レフを入れると、カバン用の一眼レフケースを入れても
重すぎて底がボコンと飛び出てしまいそうで。
底が丸くなっているから、余計に。

でも、ちょっとした泊まりがけの時とかにも役立ちそうなので、
やっぱり欲しくて、引き続き悩み中です。

新しいカメラ「NATURA S」を買いました!

  • Posted by: tomoko
  • 2009-09-04 Fri 20:43:02
  • 物欲
何を見て欲しくなったんだか、忘れたんですが、
急にNATURAのカメラが欲しくなりました。

で、現在販売されている「NATURA CLASSICA」と
もう販売終了しているの「NATURA S」では

F値が違う(CLASSICA:F2.8~5.6、S:F1.9)
画角が違う(CLASSICA:28~50mm2段階ズーム、S:24mm固定)

というわけで、
一晩と一日悩み、結局、レンズが明るい「NATURA S」に決定!!
20090830232555

…「NATURA CLASSICA」と比べると
露出補正が出来ない、ズームできない、
とかいろいろあるんですが、
淡い感じの独特の「味わい」がでやすいのは、「S」かなと。
mixi見たら「CLASSICA」でも十分だけど、
前から「NATURA BLACK」の良さを知り合いから聞いていたので、
同じレンズが使いたかったのです。

ちなみに「NATURA BLACK」は
ヤフオクで4万越えなので手が出ませんでした。。。

ホント、勢いで買ってしまいました。
他にも欲しいフィルムカメラあったのですが、
「軽いカメラっていいなぁ」と刺激されてしまいました。

FUJICAといい、NATURAといい、フジ一色です。
フジノンレンズばっかりです。

新しいレンズ欲しい

  • Posted by: tomoko
  • 2007-08-19 Sun 22:48:24
  • 物欲
 
シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO(メーカーHP



シグマのレンズ紹介パンフレットで

ダカフェの森さんバージョンが配布されているのですが、

それ見てたら文句なしに上のレンズが欲しくなってしまった・・・。


今、常用は18-200mm(ニコン純正)を持ち歩いてるんですが、

重いんです!!

桜と紅葉の季節はコレないと困るので必要な1本だったんですが、

ちょっとしたおでかけ用のレンズには重いのです!!

。。。ええ、まあこのレンズ開放2.8なので

それなりに重いには重いんですがね。

今より100g軽いだけでw



それでも明るくてマクロできるレンズは魅力的。

(クローズアップフィルター買おうかと思ってたくらい

 今、接写機能に飢えてます。)

でも、やっぱり開放で2.8は魅力!!

軽かったら文句なしに決定なんですが、

そこが悩みどころ。

50mmの1.4も持ってるので軽さ重視の時はそっち出動っていうのもありですが。

む~。

海行けなかったし、その飛行機代でこのレンズ買ってしまいたいです。




いや、まだ海行くつもり満々ですが。

ゲーム(コレ)に魂吸い取られた状態を脱して、

(RPGはハマると抜けられない上に、コレは長い!!)

10月の写真展の構想・準備がちゃちゃっと終われば、

9月の3連休海行こうかな、とか思うわけですが。。。

む~。




ちなみに、今週家の近くにビックカメラがオープンするので、

そこのオープンセール狙い&近くのカメラ屋さんで脅し値切りという

値切り狙いで買えるかもしれないと思うと、

ちょっと挑戦してみたくなる。


あっちではこの値段、下げて。

を3回くらい(近所→ビック→ヨドバシ)繰り返せられるか?!

Home > 物欲 Archive

最近読んだ本

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。